EIA、米国スーパーマーケットのHFC削減を「遅れている」と批判

国際NGOの環境調査エージェンシー(EIA)は、7月6日に発表したレポート「Climate-Friendly Supermarket Scorecard 2022」にて、米国のスーパーマーケットがHFCの廃止と冷媒管理方法の改善において「不十分な進展にとどまっている」と評価。欧州の同分野と比較して、許しがたいほどの遅れがあると批判した。

 

「Climate-Friendly Supermarket Scorecard 2022」は米国の大手スーパーマーケットチェーンについて、HFCフリー技術、冷媒管理、政策・公約の採用状況を評価し続けてきた。2020年に発表した最初のスコアカード以降、一定の進展が見られたものの、今回のレポートでEIAは”HFCの段階的廃止と冷媒管理方法の改善において、十分な進展が見られない “と評価している。EIAは同業界に対し、HFCを使用しない冷房を速やかに採用するよう求めた。

 

EIAの気候キャンペーンリーダーであるアビプサ・マハプトラ氏は、「スーパーマーケットチェーンがHFCフリー冷房の導入を劇的に拡大することが急務です」と述べている。新たな規制がHFCの供給不足と価格上昇につながるのは必至であることを考えれば、これは気候変動問題だけでなく、ビジネス上の道理にもかなうものであると、マハプトラ氏は説明する。

 

“スーパーマーケットチェーンがHFCフリー冷房の採用を劇的に拡大することは、気候上の理にかなっているだけでなく、新しい規制がHFCの供給不足と価格上昇を必然的にもたらすことを考えると、ビジネス上も理にかなう判断です。

EIA 気候キャンペーンリーダー アビプサ・マハプトラ氏

最新のスコアカードの結果

EIAが評価した16社のうち、EIAが「合格点」と呼ぶスコアを獲得したのは2社のみで、ALDIは79%、Whole Foodsは51%、Targetは38%で3位だった。この3社は、HFC使用をすべて停止することを、期限付きで公約している唯一の企業たちである。

 

EIAは、気候変動に配慮した技術が広く普及していることを考慮すれば、評価対象となったすべての企業(たとえ上位の企業であっても)に改善の余地が大いにあるとみている。EIAの分析によると、米国スーパーマーケットチェーンは、3カテゴリーすべてにおいて優れているところはないと評価した。

 

ALDIは技術導入でリードしており、他のどの競合企業よりも数百も多くのHFCフリー店舗を持つ。レポートでは、スコア上位3社以外の13社は、HFCフリーの冷却装置を使用している店舗は全体の1%未満だ。実際、Giant Eagle、Meijer、Southeastern Grocersは、まだ1店舗もHFCフリー冷凍機を導入していない。

 

Meijerは冷蔵管理で最も高いスコアを獲得し、平均漏えい率は6%でさらなる数字の削減を目標に掲げている。EIAによると、米国の平均的なスーパーマーケットでは、年間25%の冷媒漏えいが発生しているという。この分野全体の冷媒漏えいは、米国で毎年4,500万トンの温室効果ガスの原因となっている。いくつかの企業は、店舗での冷媒漏れ率を減らす取り組みに進展を見せているが、年間平均漏れ率を公開している企業は6社のみだ。Walmartは、「方針とコミットメント」のカテゴリーで最も高いスコアを獲得しました。

 

2020年以降、10ポイント以上スコアを伸ばした企業は7社のみ。別の7社も、わずかながらの改善を示した。一方、Wakefernは何の進歩もなく(10%)、Southeaster Grocersのスコアは2%から0%に減少した。

 

「議会、裁判所、企業は、この最も緊急な10年間に気候変動対策の機会を浪費し続けています。これには米国のスーパーマーケット部門も含まれ、一部の企業による漸進的な進展を除けば、全体としてHFCからの脱却に精彩を欠いているのが現状です」(マハプトラ氏)

 

Walmartは2020年のスコアカードで15%の評価を受けたが、ステークホルダーからの圧力とEIAによるHFCを流出させている店舗に関する調査報告を受けて、同社は米国初のHFCフリー店舗の開設、HFCの段階的廃止のタイムラインの設定、HFCに関する規制の提唱を行った。今年、同社は総合得点28%を獲得した。

 

Krogerも同様の進捗で、2020年の16%から2022年には35%へと、19ポイントもスコアを伸ばしている。これは、スーパーマーケットチェーンが株主や消費者からHFC対策を講じるよう、圧力をかけられていることを受けたものと考えられる。

EIAの呼びかけ

小売業におけるHFCの段階的削減を加速させるために、EIAはスーパーマーケットに対する一連の提言を発表した。このリストには、2030年までにすべてのHFCを廃止する戦略の策定、すべての新築および大規模改修におけるHFCフリー冷凍機の使用、冷媒漏れ率を10%未満にすることなどが含まれている。

 

EIAはスーパーマーケットに対し、公約を掲げ、進捗状況を定期的に公表することで透明性を高めるよう求めている

 

EIAのシニア気候政策アナリストであるベス・ポーター氏は、「世論、株主、規制当局から、企業に対して気候変動に悪影響を与える排出量に取り組むよう求める圧力が高まっています。私たちは小売業者に対し、すべての新店舗でHFCフリーシステムを使用することを直ちに約束し、事業全体におけるHFCの使用を廃止する期限付きの計画を発表するよう求めています」と述べた。

参考

U.S. Supermarkets Continue to ‘Inexcusably Lag’ on HFCs, says International NGO
※本記事は英語で作成後、日本語に翻訳されております。

ATMOsphereネットワーク

今回ご紹介した記事・発表について詳細を知りたい方・意見交換したい方は、ぜひATMOsphereネットワークにご参加ください!クリーンクーリングと自然冷媒の分野で志を同じくするステークホルダーと交流しましょう。(ATMOsphereネットワーク