ミヤザワ、SCM FrigoのCO2冷凍機導入に関する紹介動画を公開

株式会社ミヤザワは、2020年1月にイタリア、SCM Frigoと業務用冷凍機の日本向け販売総代理店契約を締結。2020年12月17日に、株式会社シャトレーゼへ納入予定の2台のCO2ラックに関して、紹介動画をYouTubeにて公開した。

日本初の導入事例として注目

SCM FrigoのCO2ラックに関するニュースは、2020年8月29日に同社がLinkedInにて同社製品を日本へ導入する準備が進んでいることを示す写真を投稿したことで話題となった。本動画は、ミヤザワが正式な製品納入に関する情報を公開した形となる。

 

公開されたのはCO2の屋外使用型の空冷式冷凍機であり、グラスウールにより防音加工が施され、内部機器を保持するフレームはゴムにより防振処理がなされている。内部の専用インバータで能力の安定・最適な出力を実現し、タッチパネル式のコントローラーですべての操作が一括で行える。

 

動画内では本製品について、環境省の「脱フロン・低炭素社会の早期実現のための省エネ型自然冷媒機器導入加速化事業」にも対応していると言及。既存フロン機器と比較して10〜15%のランニングコスト削減ができると伝えられている。

 

本製品はシャトレーゼの山梨の店舗に導入され、同事例も含め全国にて、メンテナンス等サポートできる体制を準備中だという。

納入前の試験も実施

今回の導入に先んじて、ミヤザワはSCM Frigoを輸入。CO2冷凍機試験設備にて各種試験による圧力、温度等のモニタリングを行ない、国内市場のエンドユーザーの仕様に合わせた調整を行なうためのデータを採取している。

参考:

https://www.youtube.com/watch?v=zoLKPcIDz4g&feature=emb_logo

SCM FrigoのCO2ラック、日本上陸へ着々と準備進む

2020年9月23日、イタリアのメーカーSCM FrigoはLinkedInにて、同社製品であるPNC(Plug’n’Cool)システムに関して投稿。本製品の日本への納入準備が、着々と進んでいることを示唆するコメントを残した。

 

同社は同年8月29日、同じくLinkedInにて日本へ1台のCO2ラックが搬送されたとする投稿をしている。さらに2台のユニットが搬送準備に入っており、合計3台のCO2ラックが同社のプロジェクトにより日本へ上陸することとなっている。

 

 

参考記事:

 

PNC and PNCC Solutions

 

SCM FrigoのCO2ラックが日本へ初上陸

SCM FrigoのCO2ラックが日本へ初上陸

2020年8月29日、イタリアのメーカーSCM FrigoはLinkedInにて、同社のCO2ラックを日本へ導入する準備が進んでいることを示す写真を投稿した。写真では1台のCO2ラックが日本へ搬送されたことが分かるが、今後合計3台のラックが日本へ届くこととなる。

 

弊サイトへの情報提供によると、同社は2020年の早い時期に、国内のビジネスパートナーと契約を結んだことを明かした。今後週週間以内に、SCM Frigoの日本第一号となるプロジェクトの詳細が発表される予定である。

 

 

参考記事:

SCM Frigo Enters Japanese Market