Embraco、HFCから炭化水素への移行で150万tのCO2を削減

Nidec R&Dマネージャー ジョセフ・セドリアク氏

日本電産株式会社(Nidec)のグループ会社であるブラジルのコンプレッサーメーカー、Embraco社は、2010年以降、同社のR290およびR600aコンプレッサーが、HFCからの転換で地球上の1,568,025tのCO2排出量を削減したと発表した。

炭化水素で気候変動問題に貢献

この内容は、グラスゴーで開催された国連気候変動枠組条約第26回締約国会議(COP26)に合わせ、NidecのR&Dマネージャーであるジョセフ・セドリアク氏による記事で明らかとされている。そのなかでセドリアク氏は、「この数字は、米国環境保護庁のオンライン計算機によれば、341,000台の自動車を1年間路上から取り除いた場合に削減できるCO2排出量に相当する」という。

 

この計算には、主に業務用冷凍コンプレッサーに使用されていたR404AからR290へ移行した数字と、家庭用製品に使用されていたR134aからR600aへ移行した数字が含まれている。

 

Embraco社の売上に占める自然冷媒コンプレッサーの割合は、急速に高まってる。炭化水素コンプレッサーを1994年に作り始めてから、2010年には売上の40%を同製品が占めるようになる。それが2019年には49%となり、わずか2年後の2021年には57%にまで上昇した。

 

セドリアク氏は、同社の功績が「HVAC&R業界が、気候変動にどれだけの貢献を果たせるか」を示す数字であると明言。冷蔵業界が全世界のCO2排出量の約10%を占めているということからも、我々の業界の貢献と不断の努力が不可欠だと強調した。

 

セドリアク氏は、記事内にでイギリスのバーミンガム大学の研究結果を引用。この研究では、冷凍冷蔵分野におけるCO2排出量の約20〜25%は、HFC冷媒ガスの漏れによって発生していると結論づけている。残りの75%は、エネルギー消費による間接排出だ。

 

Niecは、「HFC使用量の削減」と「エネルギー効率の向上」という2つの方法で、冷凍冷蔵業界の気候への悪影響を軽減するという課題に取り組むとセドリアク氏は説明する。

 

これにより、直接的なCO2排出量と間接的なCO2排出量の両方を削減することができるのです。

Nidec R&Dマネージャー ジョセフ・セドリアク氏

 

エネルギー効率の向上による間接的な排出量の削減も、炭化水素が有利な分野だ。Embraco社のケーススタディでは、HFCのR404AからR290に移行することで、最大10%の省エネ効果が得られることが分かっているという。

 

可燃性冷媒の安全性への懸念について尋ねると、適切な安全基準のもとでの運用、生産体制、メンテナンスでほぼ対処可能とした。「現に、ヨーロッパの家庭用冷凍庫ではR600aを低圧で使用するなど、炭化水素への移行が成功しており、この技術の安全性を証明しています」(セドリアク氏)

参考

Embraco’s Move from HFCs to Hydrocarbons has Saved 1.5M Metric Tons of CO2e
※本記事は英語で作成後、日本語に翻訳されております。

 

原著者:タイン・スタウルホルム

ATMOsphereネットワーク

今回ご紹介した記事・発表について詳細を知りたい方・意見交換したい方は、ぜひATMOsphereネットワークにご参加ください!クリーンクーリングと自然冷媒の分野で志を同じくするステークホルダーと交流しましょう。(ATMOsphereネットワーク

【連載:変化に立ち向かうHVAC&R業界のリーダーたち】第6回 Nidec Global Appliance〜混乱期で得た「想定外の利益」〜

新型コロナウイルスの感染拡大は、世界各地に猛威を振るう結果を生んでいる。事業単位に目を向けてみれば、事業継続のためにオフラインからオンラインへ移行する動きが、活発に行われている。

 

HVAC&R業界もまた、国内外を代表する展示会の多くが、延期および中止を余儀なくされた。この激動の時代に、国内企業はどのような対策を行い、変化し成長しようとしているのか。

 

『アクセレレート・ジャパン』では、日本を代表する機器メーカーのトップにアンケートおよび取材を実施。彼らの回答から、業界が連携してこの危機をチャンスとするためのベストプラクティスを共有する連載をスタートさせた。

 

第6回は、Embraco(Nidec Global Appliance)。オンラインマーケティングや教育ツール活用への移行、さらにリモートワークへの切り替えを進めてきた同社は、各活動の「想定外のメリット」について話してくれた。

短期・中期・長期で違いが見られるプロジェクトへの影響

「新型コロナウイルス感染症拡大がもたらす現在、そして将来的な経済・健康問題の影響の大きさへの懸念については、あらゆる企業の皆様と同様の思いを抱いています」。そう話すのは、日本電産株式会社のEmbracoポートフォリオ セールス・マネージャーを務めるギルヘルム・フィゲイレド氏である。

 

感染拡大が世界的な問題となった直後、短期的な懸念事項として同社が直面したのは、ビジネスの安定性、販売、生産とあらゆる事業活動の安定・維持だったという。それと平行して、サプライチェーンに対する問題も浮上した。

 

感染拡大のピーク時には、顧客のビジネスにも大きな打撃となり、短期的なスパンで予定されていた複数のプロジェクトは、保留されることとなったのである。

 

長期的な計画に関しては、現在日本顧客を中心に計画通り進行予定である。しかし、今後2022年〜2023年に開始予定のプロジェクトでは、大きな混乱を伴うだろうという見方も示す。

 

短期・長期と各種計画に影響がある中、中期計画のプロジェクトには、2つの傾向があるとフィゲイレド氏は話す。

 

「マーケット主導の計画に関するプロジェクトは、2020年度のコスト低減を目的に、プロジェクトの延期を決定する傾向にあります。しかし国内規制動向によって各種機器の導入を推進する場合は、スケジュールへの影響が非常に低いです」(フィゲイレド氏)

デジタルツールの充実

Embracoはこれまで、精力的にトレードショーを含むあらゆるイベントに参加してきた。それらが次々とキャンセルされ、マーケティング活動が大きく停滞してしまうことに。

 

それでも、同社はsheccoが主催した、2020年7月28日開催のATMOsphere Australia、9月1日〜2日開催のバーチャル自然冷媒トレードショー(VTS)などに出展。混乱の中で新たに生まれたビジネスチャンネルを、最大限活用している。

 

また、この危機に対して冷凍冷蔵機器専門家向けのオンライン教育や、デジタルコンテンツの生成に焦点を当てたプロジェクトに、多くの時間とリソースを投資している。

 

「私達は現在、ポルトガル語、フランス語、英語、スペイン語で一連のウェビナー資料を作り、弊社プラットフォームRefrigerationClub.comに向けた新しいコンテンツ作成に尽力しています」(フィゲイレド氏)

 

さらに、プロフェッショナルをサポートするための製品ソフトウェア(PSS)と、ツールボックスアプリのアップデートも推進。

 

こうしたデジタル施策は、顧客、指定者、請負業者、冷凍技術者との関係強化に大いに役立った。特に日本では、新プロジェクト・新製品の発売を市場に広く認知させるため、日本語カタログの充実化とニュースレターの頻度を改善などを行ったという。

急速な時代の変化に、全社一丸で対応

安全性の高い事業活動の維持では、感染の中心地に近いアジアの仲間の経験などを共有してもらい、欧米の各工場・オフィスの感染予防対策に役立てるため、各国支社と連携して行動するための国際委員会を設置した。

 

これにより、通信や清掃、衛生管理等の手法を確立を確保しつつ、継続的な事業運営を実現した。さらに、リモートワークによるコミュニケーション、社員教育の術を学んだことは、会社のダイナミックさに著しい変化をもたらしたとフィゲイレド氏は言う。

 

「私達管理チームは、可能な限り在宅での仕事を奨励されています。それでも、私たちはお客様と距離を縮め、製品を立ち上げ、バーチャルトレードショーに参加することができました。この混乱期で何か得られたものはと問われれば、『社会通念と考え方の急速な変化に対応する力』と言えるでしょう」(フィゲイレド氏)

 

Embracoのケースでは、他のリモートワーク実施企業と同様に、設備メンテナンスや集団輸送などのコスト削減に成功。今回の試みの価値と効率の高さが実証されたという。しかし、フィゲイレド氏は今回の試みで得られた真の成果は、別にあると述べた。

コロナ禍で続けられた活動は、会社全体で困難を乗り越えようと新しい方法を採用するために、より早く、よりオープンな社風を作るきっかけとなりました。

 

困難な時代に成功するための柔軟性と適応性を見出し、共通のゴールへ向かって行動を共にすることができたのです。

Embracoポートフォリオ セールス・マネージャーを務めるギルヘルム・フィゲイレド氏

今以上の品質のソリューションを市場へ

コロナ禍のピークから、徐々に冷静さを取り戻す市場に対して、Embracoは今以上にコスト削減を可能とするソリューションの提案が必要と考える。

 

そこで、同社はプロジェクトパイプラインの再構築を実施。顧客のニーズに答えられるよう、現在と同水準の技術を維持したまま「標準化」「小型化」の2要因を満たすソリューション開発に焦点を当てる。

 

その一例として、フィゲイレド氏は新たに開発する三相電圧コンプレッサーを紹介。従来システムと比べ、より小さなサイズで同等の冷却能力を実現している。

 

同様に可変式コンプレッサーにも、三相電圧機能の追加で効率性を高めた。どちらのシステムも、まもなく日本市場で発売予定だという。

 

現在は、日本市場向けコンデンシングユニットのポートフォリオ立ち上げに取り組む。より精度の高いソリューションを提供し、Embracoの主力製品であるコンプレッサーと同等以上の品質を提供。顧客のコスト低減に、一層寄与していきたい考えだ。

VTS、104カ国から4,000名以上が参加。出展社・参加者からも絶賛の声

2020年9月1日〜2日にて開催された、shecco主催のバーチャル自然冷媒トレードショー(VTS)。初となる試みであった本イベントでは、予想を大きく上回る業界関係者の参加を記録しました。

 

2日間の日程にて、77社の企業・団体が出展。そこに104カ国から4,473名の登録者が訪問し、出展企業・団体の資料ダウンロード数が43,105を記録しました。

出展者・参加者の声

私たちの製品を宣伝するのに、非常に費用効果が高いイベントでした。業界では、今後このイベントが標準になることでしょう。来年度以降、出展者がこのプラットフォームをさらに活用できるよう願っています。

島田 賀久氏(パナソニック株式会社アプライアンス社 冷凍機営業部)

オンライン展示会により、訪問者の時間最適化が図れたと思います。また聴衆が関心を寄せる事柄はなにか、注目を集めた製品は何かを明確に把握できました。

エセキアス・ペレイラ氏(Nidec セールス・マーケティング・アプリケーションエンジニアリングシニアマネージャー)

2020年における、業界をリードする素晴らしいオンライン体験でした。

メノ・バン・デル・ホフ氏(Triple Aqua CEO)

「これは例えばChillventaに代わる、非常に優れた手法です。操作も簡単で、何より足が疲れません」

スティグ・ラス氏(冷凍・空調・ヒートポンプコンサルタント)

正直に言うと予想以上でした。通常の展示会と同様の感覚で、また通常の展示会で見かけるクライアントの方々と、不自由なく商談を進められたのです!

ディミトリオス・ダラブラス氏(General Refrigeration SA 共同所有者)

このイベントは、私達のクライアント、パートナー、そして仲間にアプローチする全く新しい機会を与えてくれました。時差ぼけなしでイベントを楽しみながら、グローバルチーム全体が完璧に関与できたのですから。

トレーシー・ハカラ氏(Vahterus Oy APAC地域担当副社長)

「ライブウェビナーは、過去5か月間に聞いた中で最高の音質でした。これこそオンラインイベントにおける、本来あるべき姿と言えるでしょう」

ナターシャ・コホバ氏(UNIDO プロジェクト・コーディネーター)