ハフナー教授、グリーン・クーリングの重要性を基調講演で強調

ノルウェー科学技術大学 アーミン・ハフナー教授

2021年5月25〜27日に開催されたGreen Cooling Summitの基調講演にて、ノルウェー科学技術大学(NTNU)のエネルギー・プロセスエンジニアリング学科 冷凍学教授、アーミン・ハフナー氏は自然冷媒機器への投資を加速できるよう、公的な資金援助を増やすべきだと主張した。

「グリーン・クーリングを実現できるのは自然冷媒だけである」

Green Cooling Summitは、ドイツ環境庁(UBA)、ドイツ国際協力機構(GIZ)、ドイツ連邦環境・自然保護・原子力安全省(BMU)の主催により開催。長年にわたりCO2冷凍技術やヒートポンプ技術の研究を行ってきたハフナー氏は、グリーン・クーリングへの投資は、エネルギー効率の高い新しいNWF(自然冷媒)システムへの資本支出(CapEx)が多少高くなることで、しばしば停滞してしまうことがあると指摘。

 

その上で、ハフナー氏は世界銀行、多国間基金、各国政府の資金調達事業は、自然冷媒機器の投資をするエンドユーザの負担する初期費用を、手頃なローンでカバーできるよう支援すべきであると主張する。

 

基調講演でハフナー氏は、キガリ改正に基づく世界的なHFCの段階的削減のためには、自然冷媒が最良の選択肢であると話す。グリーン・クーリングを実現する各種機器の早期導入を成功させるためには、トレーニングと知識の伝達に伴うエンドユーザーの意識改革が重要な要素だとした。

 

エンドユーザーは、自分がどのような機器を注文しているのかを認識し、製品安全データシート(MSDS)を検索して機器の季節別のエネルギー需要とGWPを知る必要がある。さらに、冷却機器メーカーはエンドユーザーに対し、機器のGWPよりも製造時・分解時の副産物を含む環境影響データを提供することを義務付けるべきだと述べる。

  

自然冷媒を使用した各種機器の段階的な導入を世界規模で成功させるには、「自然冷媒以外の冷媒ではグリーン・クーリングがまったくできないこと」を理解する必要があるでしょう。
ノルウェー科学技術大学 アーミン・ハフナー教授
Tweet