【ATMO APAC Summit 2022】ベニレイ・ロジスティクス、初の大型冷凍機導入の成果【エンドユーザーパネル】

【ATMO APAC Summit 2022】ベニレイ・ロジスティクス、初の大型冷凍機導入の成果【エンドユーザーパネル】

2022年6月27日、ATMOsphere主催の国際会議「ATMOsphere(ATMO) APAC Summit 2022」の一日目となるイベントが、東京コンファレンスセンター・品川にて開催された。二日間の日程で開催される本イベントにおいて、一日目は日本市場に焦点を当てた各種セッションが展開された。

 

エンドユーザーパネルでは、株式会社ベニレイ・ロジスティクス 大阪南港事業所 所長 田森 克昌氏が登壇。パナソニック株式会社の80馬力CO2冷凍機の初導入事例となった同社の、1年の成果が発表された。

通年で約33%の省エネを実現

ベニレイ・ロジスティクスは国内4事業所を有し、総設備能力62,500トンを保有する。同社は丸紅グループの食品流通の一翼を担い、親会社である株式会社ベニレイや大手量販店、コンビニエンスストア、外食産業、食品加工会社などに食品を届けている。

 

パナソニックのCO2冷凍機を導入した大阪南港事業所は、大阪府大阪市住之江区にある。保管設備は約20,000トン、2022年で竣工から44年が経過した。当該機器の導入にあたり躯体調査を実施し、十分な強度が確認できたことにより、2020年度に環境省の「脱フロン・低炭素社会の早期実現のための省エネ型自然冷媒機器導入加速化事業」を申請。冷却設備の更新を実施した。

 

今回の機器更新は、当時日本国内において初めて、パナソニックの大型CO2冷凍機が導入された事例だった。

 

大阪南港事業所の特筆すべき点は、2020年度に実施されたプロジェクトによって「オールCO2冷凍倉庫」を実現した点にある。冷凍倉庫は5階建てとなっており、1フロアに80馬力冷凍機2台と、冷却器4台を使用。大阪南港事業所は、1フロアが2部屋に分かれており、両方の部屋を冷却できる機器配置としている。万が一冷凍機が1台故障しても、冷却運転が完全に停止しない設計となっている。

 

中央監視システムでは、庫内温度に加え冷凍機の運転データ、使用電力量をモニタリングしている。それらを日報として自動出力する。毎日ベニレイ・ロジスティクスの担当者がそれらのデータをチェックし、品質管理に努めている。施工会社より遠隔監視しており、異常・トラブル時に迅速対応できるようにしている。

 

導入後の電気使用量の変遷だが、2019年度の既存冷凍機(R22使用)と2021年度のCO2冷凍機更新後とでは、すべての月で導入前より少ない使用電力量で運転が実現。通年では約33%の削減効果を得た。また、肝心の冷却能力においても、R22冷凍機より向上していると田森氏は実感する。

 

同社では、コロナ禍で実現が遅れたが、現在は希望者に大阪南港事業所でのCO2冷凍機の見学を開始。自然冷媒導入の周知活動も積極的に行っているという。

 

丸紅グループは環境に向き合うことで、豊かな未来を創造するために、地球環境保全のさらなる具体化を進めています。私達は日本全国の自然冷媒機器導入の加速化のため、今回の冷凍機導入を様々な方法で周知し、協力していきたいと考えております。

株式会社ベニレイ・ロジスティクス 大阪南港事業所 所長 田森 克昌氏

参考

「ATMO APAC Summit 2022」

株式会社ベニレイ・ロジスティクス 大阪南港事業所 所長 田森 克昌氏

 【ATMO JP 2021】ベニレイロジスティクス、国内初の大型CO2冷凍機にかける思い【エンドユーザーケーススタディ】

2021年2月15日に引渡しが完了した、CO2大型冷凍機出荷式の様子

2021年2月15日、オンラインにて開催されたshecco Japan主催の自然冷媒国際会議「ATMOsphere Japan 2021」。エンドユーザーケーススタディに登壇した株式会社ベニレイ・ロジスティクスは、パナソニック株式会社アプライアンス社と共同で国内初となったパナソニックの80馬力冷凍機導入プロジェクトを紹介。発表の2月15日は、奇しくも機器の引渡し日であった。

高い技術・長年の経験からの安心感

ベニレイ・ロジスティクスは国内に4事業所、総キャパシティ62,500tの倉庫を有する。今回自然冷媒冷凍機が採用されたのは、大阪府の港湾地区に位置し、約20,000tの保管能力を持つ大阪南港事業所であった。

 

サステナビリティの問題が叫ばれる昨今。フロン排出抑制法や2020年のR22生産終了、さらには同社が属する丸紅グループのサステナビリティ推進事業といった複数の状況が重なり、ベニレイ・ロジスティクスは環境配慮型の冷凍庫採用を検討。

 

当初は冷媒にアンモニア/CO2を検討していたが、冷凍機自体が大型であるため、建屋の一部を壊す・冷凍機の設置場所を変更するといった大改修工事が伴うと判明。工場の稼働が止まるほか、保管スペースが制限されるなどの課題が解決できなかった。そこで注目したのが、比較的小型なCO2冷媒採用の冷凍機だったという。

 

さらに、2018年に大阪地区を直撃した台風21号も、冷凍機選択に大きな影響を与えたと同社代表取締役社長の落合 浩氏(2021年2月時点。現在は退任し、矢野 雅之氏が同職を務める)は言う。台風により、大阪南港事業所は1階が高潮で浸水。外壁は剥がれ屋上のクーリングタワーも破損、防水シートもめくりあがるなど甚大な被害を被った。港湾地区という立地上、風水害のリスクは避けられない。これらの被害も検討材料に加わり、ベニレイ・ロジスティクスの機器選択は「空冷のCO2冷凍機」に絞られたのである。

 

2019年11月、今回の設置工事の元請け先である株式会社ニチレイ・ロジスティクスエンジニアリングより、パナソニックの大型CO2冷凍機製造に関する話を聞くと、2020年1月には同社の東京製作所への訪問が実現。同社工場の見学や技術関係者の説明を受け、確かな技術と蓄積されたノウハウへの安心から、選定に至った。

オールCO2の倉庫を、稼働を止めずに実現

今回、ベニレイ・ロジスティクスの大阪南港事業所に納入されたのは、合計18台の冷凍機である。冷媒はすべてCO2で、そのうち屋内設置型の80馬力冷凍機10台と同じく40馬力冷凍機4台が、国内初となる冷凍機となった。

 

2020年10月16日には、関係各社を招待した出荷式を開催。そこから納入・設置をはじめ、「ATMOsphere Japan 2021」が開催された2月15日に、無事引き渡し日を迎えることとなった。

 

今回導入された冷凍機は、ベニレイ・ロジスティクスの物件に合わせた専用機として調整も加えられている。80馬力冷凍機は200Lという大容量のタンク内蔵し、屋外に設置したガスクーラーは台風被害を考慮し、間接散水パッドとワイヤーガードを採用。機械室への放熱を避けるために屋外設置したデスーパーヒーターは、同社の2馬力冷凍機の筐体を用いて製作されたという。

 

CO2冷凍機は大阪南港事業所の1〜5階まで各階に設置され、R22の既存冷凍機を稼働させつつ1週間に1台ずつ更新しました。そして本日引き渡しが完了し、大阪南港事業所は晴れて「オールCO2冷凍倉庫」となったのです。
パナソニック株式会社 コールドチェーン事業部 冷凍機営業部部長 鎌田 謙一郎氏
Tweet

 

落合氏は今後、大阪南港事業所よりデータは惜しみなく提供し、試験やテスト、現場見学にも積極的に協力し、冷凍事業の自然冷媒化およびパナソニックの機器開発推進に寄与したいと話す。

 

冷蔵倉庫業において、イニシャルコストは大きな課題だ。しかし冷凍機市場により多くの機器メーカーが参入し、さらなる技術革新と性能の向上・価格競争が起きれば、自然冷媒化はますます加速するのではと落合氏は期待する。

 

同社はフロン機器が残る神奈川県の東扇島事業所について、残る東扇島は、大阪南港事業所の減価償却が落ち着いたタイミングを見計らい、今後10年以内に更新したい考えである。

 

これからの10年で、多くのメーカーが参入し高性能低コストの自然冷媒システムを世に送り出すこと期待します。
 
また、自然冷媒冷凍機は消費電力を抑える省エネ効果も大いにございます。それらを動かす使用電力も自然エネルギーを介したものであることが、非常に望ましいと言えるでしょう。こうした世の中が到来することを、強く願っています。
パナソニックの80馬力CO2冷凍機(2020年10月16日開催の出荷式にて)
パナソニックの80馬力CO2冷凍機(2020年10月16日開催の出荷式にて)

参考

【ATMOsphere Japan 2021】エンドユーザーケーススタディ 株式会社ベニレイ・ロジスティクス&パナソニック株式会社発表資料

ベニレイ・ロジスティクス、パナソニックの80馬力CO2冷凍機「国内初導入」へかける思い

丸紅株式会社のグループ企業であり、ベニレイグループネットワークの冷蔵倉庫運営事業を担う株式会社ベニレイ・ロジスティクス。同社は国内で初めて、パナソニック株式会社アプライアンス社の80馬力CO2冷凍機の採用を決断。2020年10月に施工が開始し、現在着々と設置工事が進められている。その背景と今後の戦略を代表取締役社長の落合 浩氏に聞いた。

グループ全体の方針に呼応して始まった導入検討

2015年4月のフロン排出抑制法施行により、2020年までで特定フロンの製造が全廃される。さらに2016年のモントリオール議定書の改正により、代替フロンも規制対象に追加。こうした状況下において、丸紅グループも環境問題に向き合うことで、豊かな未来を創造するための地球環境保全対策の具体化を検討し始めた。

 

グループ全体の方針検討と時を同じくして、2016年頃からベニレイ・ロジスティクスでは、ある議題が検討されることとなった。1980年に設立された、大阪府大阪市住之江区の大阪南港事業所の冷凍設備の更新である。

 

合計20,044t(F級19,042t、C級1,000t)の保管能力を有する同事業所は、竣工から冷凍機器を使用し続けてきた。すでに40年以上の継続使用を進めるなか、冷凍機器を入れ替えるにあたり、自然冷媒以外の選択肢はなかったという。

 

「グループ全体の方針に関しては、当然私も耳にしていました。フロンの生産中止は、すなわち冷媒転換が迫られることを意味します。私達の課題とグループの方針が、ちょうど重なって今回の冷凍機更新が実現したのです」(落合氏)

建物の立地環境との相性から選びぬかれたCO2冷凍機

ベニレイ・ロジスティクスは当初、アンモニア/CO2を検討していた。しかし港湾地区に位置する大阪南港事業所には、非常に大型なアンモニア/CO2冷凍機とは相性がよくなかった。試算したところ、仮にアンモニア/CO2冷凍機を設置する場合、建物の一部を取り壊す必要に迫られるばかりか、冷蔵庫スペースを潰し冷凍機の設置場所を確保しなければならない状態だったのだという。

 

「冷凍機の交換が難しいのであれば、既存機器で限界まで稼働し、廃棄と同時に建て直す案も浮上しました。当然その間、事業所の稼働は止めざるを得ません。お客様と共に社会インフラを支え続けてき我々が、その歩みを止めていいのかという思いから、違う冷媒の道を模索することとしたのです」(落合氏)

 

事業所建て直しは、冷凍機だけが理由だったわけではない。築40年を迎える事業所の、コンクリートの耐久性と鉄筋の腐食に伴う強度低下への懸念があったのだ。しかし後に実施されたボーリング調査では、大阪南港事業所は設計基準強度をはるかに上回っていたことが判明。機材さえ整えば、建屋はまだまだ使える。そこで白羽の矢が立ったのは、アンモニア/ CO2冷凍機より小型で軽量なCO2冷凍機だったのである。

 

検討が進められている最中、2018年9月に台風21号が日本に上陸。関西国際空港では高潮被害が発生し、タンカーが連絡橋に衝突したことで多くの孤立者が出た。

 

台風21号は、大阪南港事業所にも甚大な影響をもたらした。屋上では冷却塔が破損し、1階は海水が浸水。エレベーターも故障した。港湾地区という立地環境において、風水害は避けられない。ベニレイ・ロジスティクスでは議論を重ねた結果、「CO2冷媒でコンパクトなサイズ。そして空冷」という条件が定まったのである。

パナソニックへの「信頼」と「冒険」

2019年11月頃、工事元請先である株式会社ニチレイ・ロジスティクスエンジニアリングから、パナソニックが国内で冷蔵倉庫用のCO2冷凍機製造販売を開始するという話があった。知名度・品質・信頼性が高く、経営基盤も安定している。そんな同社に対する評価から、ベニレイ・ロジスティクスは有力な選択肢の1社と位置付け検討を始めたという。

 

2020年1月22日には、パナソニック社の東京製作所を訪問。ベニレイグループからは7名が訪問し、パナソニックの冷凍機営業部・商品技術部の担当者から企業概要、商品についてのプレゼンテーションを受けた。

 

その後は彼らと共に、東京製作所内の製造ラインを見学。「関係者の方々の商品開発に注ぐ熱意と真剣さに感銘しました」と、訪問者の1人だった株式会社ベニレイ 冷蔵事業本部の浮島 祐太氏は当時を振り返る。長年培ったノウハウ、開発技術力、商品出荷までの厳格な管理体制、アフターケアの充実。パナソニック社なら安心して、冷凍機の発注ができると確信した瞬間だった。

 

その思いの通り、同社は2020年10月16日に行われた出荷式にて、工事・稼働において算出される消費電力量、庫内温度等のサンプルデータは、すべてパナソニックに提供し、冷凍機事業の発展に寄与すると明言。そこにはパナソニックの今後の展開への後押しはもちろん、今後の自然冷媒機器の普及に繋げたいという思いがあるという。

 

とはいえ、国内初の導入事例への決断は、ベニレイ・ロジスティクスにとって大きな「冒険」でもある。そこにかける思いについて、落合氏は次のように話してくれた。

 

「冷蔵倉庫業界において、イニシャルコストは大きな課題であり難題です。冷凍機器の市場には、もっと多くのメーカーに参入していただき、さらなる技術革新と性能向上、加えて価格競争が少しでも起きてくれるのであるならば、益々冷凍機器の自然冷媒化は加速する。そこに我々が進んでいこうという決意を固めました。

 

それに、私にとってパナソニック社は、子供の頃から今日まで、仕事・プライベートを問わず目にする存在でした。性能・安全性・機能という確かな数字に裏付けされた安全と、長年の事業活動で培った企業イメージから得る安心。そんな彼らが日本初の事業に臨む以上、失敗は許されず、何事にも全力で慎重なケアをしてくれるはずです。その姿勢に答えるべく、我々は設置現場にて得られる様々なデータの提供と試験やテストへの協力、現場見学等に協力し、冷凍機事業の発展に寄与したいと思っています。

 

また、それは我々にとってかけがえのない財産となることでしょう」(落合氏)

今後10年を見据えた展開

ベニレイ・ロジスティクスは、最長10年以内を目安に、神奈川県川崎市にある東扇島事業所の冷凍機更新を検討している。竣工から約25年が経過する同事業所は、地上8階建てでチルド・フローズン・超低温の3温度帯の冷凍設備を備えており、周囲が建物に囲まれている立地条件の為、大阪南港事業所以上に冷凍機更新が難しいという。

 

当然、検討材料は自然冷媒です。同事業所での設備更新が完了すれば、同社が使用する全事業所にて、自然冷媒化が完了することとなります。同社はこの10年以内に、よりコンパクトで高性能低コストの自然冷媒システムの誕生を見守りたいと考えています。目指すは大阪南港事業所と同様に、業務を継続しながらの設備更新です。

株式会社ベニレイ・ロジスティクス 代表取締役社長 落合 浩氏

パナソニック、国内初の80馬力CO2ラックシステムの出荷式を開催

2020年10月16日、パナソニック株式会社アプライアンス社は群馬県のパナソニック東京製作所にて、国内初の納入となる80馬力CO2ラック冷凍機の出荷式を開催した。本式典には、同機種の導入を決定した株式会社ベニレイ・ロジスティクス(施主は株式会社ベニレイ)、機器の施工やメンテナンスに関わる株式会社ニチレイ・ロジスティクスエンジニアリング、株式会社三冷社、および株式会社アメフレックの関係者らが出席した。

真のコールドチェーン事業の実現へ

今回、パナソニックの80馬力冷凍機が導入されるのは、ベニレイ・ロジスティクスの大阪南港事業所である。同事業所は操業がスタートから約40年が経過。既存冷凍機からの入れ替えを模索した結果、パナソニックの冷凍機を選択。

 

10月から施工がスタートする大阪南港事業所には、パナソニックが新たに開発した80馬力の冷凍用CO2ラック冷凍機が10台、40馬力の冷蔵用CO2ラック冷凍機が4台設置される。加えて、同社が従来より展開する20馬力冷凍機2台、15馬力冷凍機2台をそれぞれ採用予定だ。

パナソニック株式会社アプライアンス社 コールドチェーン事業部 事業部長 冨永弘幸氏

式典には、コールドチェーン事業部 事業部長の冨永弘幸氏が登壇。出荷式に参列した関係者に、感謝の意を伝えた。新型コロナウイルス感染症の拡大は、国内の生活様式にも大きく影響を与えている。コールドチェーン事業部は飲食業、小売業といったフードリテール事業で広く商品を展開してきた。

 

今後は倉庫事業にも経営資源を展開し、真にコールドチェーン事業で実績を積み重ねられる存在になる、と意気込みを語った。

食のサプライチェーンにおいて、環境に優しい自然冷媒製品を展開することで、我々の掲げる使命である「人々のよりよいゆたかな暮らし」の実現に邁進してまいりたいと考えております。

パナソニック株式会社アプライアンス社 コールドチェーン事業部 事業部長 冨永弘幸氏

各々の新たな「スタート」に向けた宣言

冨永氏の挨拶に続き、パナソニックの冷凍機採用を決定したベニレイ・ロジスティクス 代表取締役社長の落合 浩氏が登壇。同社は東京製作所を2020年1月22日に訪れ、関係者から説明や工場見学を受けた。そのときに、パナソニックの長年培ったノウハウや製品開発への企業姿勢、厳格な管理体制、拡充したアフターケアに基づいた信頼に感銘を受けたという。

株式会社ベニレイ・ロジスティクス 代表取締役社長 落合 浩氏

私達は納入を決定した際、パナソニックの皆様へ「今回の納品を機に、御社のCO2冷凍機を業界に周知させることをお約束する」と伝えました。南港事業所を実地現場として、データを提供し、商品の品質向上に少しでも役立てていただきたい。このお約束に、一切の相違がないことを改めてこの場で明言させていただきます。

(株式会社ベニレイ・ロジスティクス 代表取締役社長 落合 浩氏)

続けて、ニチレイ・ロジスティクスエンジニアリングからはプラントマーケティング事業部 部長代理の村松 弘嗣氏が登壇。南港事業所の設備更新は、4年前の2016年から計画が立ち上がったと話し、国内初導入ながらもすでに海外で数多くの実績を重ね、安全性・騒音対策など高いレベルの技術で完成したパナソニックのCO2冷凍機に、厚い信頼を寄せていると話す。

 

倉庫内の製品の品質維持のため、パナソニック、三冷社とともに万全な施工、および今後10年、20年、30年と継続使用できるメンテナンス体制を整えていきたいとした。

株式会社ニチレイ・ロジスティクスエンジニアリング
プラントマーケティング事業部 部長代理 村松 弘嗣氏

三冷社からは、専務取締役の日笠 稔也氏が壇上に立ち、現地での施工を安全かつ高品質にて、つつがなく遂行すると高らかに宣言。自身が衛生工学部門の技術士でもある日笠氏は、常々従業員に向け、施工・竣工が我々のゴールではないと話しているという。

 

事業所が稼働後、ベニレイ・ロジスティクスが問題なく設備を使用できるよう、手厚い保守サービスを行う。ベニレイ・ロジスティクスと同様に、同社にとっても竣工してからがスタートラインなのだ。この前提を踏まえ、日笠氏はニチレイ・ロジスティクスエンジニアリング、そしてベニレイ・ロジスティクスと、厚い信頼で結ばれた関係を維持し続けていきたいと話した。

株式会社三冷社 専務取締役 日笠 稔也氏

パナソニック、ベニレイ・ロジスティクス、ニチレイ・ロジスティクスエンジニアリング、三冷社という各関係者にとって、出荷式は大きな門出となった。加えて、パナソニックの大型CO2冷凍機の国内採用は、市場にとっても大きなニュースとして受け止められることだろう。

 

日笠氏が口にする通り、竣工後こそが本事例にとって、業界関係者からも注目される真のスタートとなるに違いない。