フクシマガリレイ、新ブランド「NOBRAC」立ち上げ【FOOMA JAPAN 2022】

フクシマガリレイ、新ブランド「NOBRAC」立ち上げ【FOOMA JAPAN 2022】

フクシマガリレイ株式会社は、2022年6月7日(火)〜10日(金)に開催されているアジア最大規模を誇る「食の技術」総合トレードショー、「FOOMA Japan 2022」(主催:一般社団法人 日本食品機械工業会)にて、新ブランド「NOBRAC(ノブラック)」の立ち上げを発表。同時に、新ブランドで開発・販売するCO2トランスクリティカル(TC)ブースターユニットを展示ブースにて初披露した。

2022年秋より受注を開始

「NOBRAC」は、低炭素社会を実現するガリレイグループの、機器・システムを包括したブランドだ。炭素を示す「CARBON」を逆に並べた言葉であり、CO2増加の流れを逆転させるという、フクシマガリレイの環境問題への決意が示されている。

 

今回発表されたCO2 TC ブースターユニットには、冷却方式に乾式膨張式を採用。従来のフロン機と比較して、最大20%の消費電力量削減が期待できるという。

 

「NOBRAC」のCO2ユニットは、同社のトンネルフリーザーとの最適制御にも対応。機械側・負荷側の運転状況を相互に反映させ、圧縮機の運転制御を自動最適化する。ラインナップはトンネルフリーザー専用機種3種、冷凍冷蔵倉庫用冷凍機5種(冷蔵用途2機種、冷凍用途3機種)の合計8機種であり、空冷式・水冷式両方に対応していることから、既設水冷設備からの更新もしやすい。

 

製品は2022年秋より受注を開始する。食品工場・冷凍冷蔵倉庫を対象に、販売台数の目標を2023年度に20台、2024年度に50台としている。

 

フクシマガリレイ、R290プラグインショーケースの発売を発表

フクシマガリレイ、R290プラグインショーケースの発売を発表

2022年4月7日、フクシマガリレイ株式会社はR290プラグインショーケースの発売を発表した。発売日は同年4月15日の予定だ。

SMTS2022でも展示

2022年2月16日〜18日にて、幕張メッセにて開催された第56回スーパーマーケット・トレードショー(SMTS2022、主催:一般社団法人 全国スーパーマーケット協会)にて、同社は今回発売を発表したダイキン工業株式会社ブランドのR290島型プラグインショーケースを初展示。

 

同社より発売されるのは、以下の4種類である。

  • 「Mercury」シリーズ:ベーシックなスライド扉タイプモデル。
  • 「Venus」シリーズ:ガラス面が広く、商品が見やすいスライド扉タイプモデル。
  • 「Mars」シリーズ:大容量で左右の扉を同時に開閉できるプッシュバック扉タイプモデル
  • Jupiterシリーズ:大容量で両面から商品を取り出せる、ガラス面が広いスライド扉タイプモデル。

 

デパート、スーパーマーケット、ドラッグストア、ディスカウントストア、ホームセンター、リカーショップなどをターゲットに、年間目標販売台数1,000台を目指して拡販していく予定だ。

プラグインショーケースの拡大に注目【SMTS2022 ハイライト】

プラグインショーケースの拡大に注目【SMTS2022 ハイライト】

2022年2月16日〜18日にて、幕張メッセにて開催されている第56回スーパーマーケット・トレードショー(SMTS2022、主催:一般社団法人 全国スーパーマーケット協会)。同展示会で目立つのは、CO2、炭化水素を用いたプラグインショーケースである。同製品を中心に、注目の展示をハイライトにて紹介したい。

小売店舗の選択肢広がる

ダイキン工業株式会社は、同社ブランドとしてR290プラグインショーケースを多数展示。そのバリエーションはもちろん、今後を見据えた新商品・参考展示にも注目だ。

2019年の展示会より、Freor社のR290ショーケースを展示する日本熱源システム株式会社。多彩なR290ショーケースのバリエーションは、様々な店舗の需要にマッチする。エンドユーザーからの問い合わせも増えており、導入事例の拡大に期待だ。

昨年からドイツのショーケースメーカー・LIEBHERR社のショーケースを積極的に拡販するレイテック株式会社は、日本市場にマッチした3種類のショーケースと、ウォーターループシステムのリーチインショーケースを展示している。

フクシマガリレイ株式会社は、別置型ショーケースのCO2対応を大きくアピールするほか、CO2プラグインショーケースを参考展示という形で披露している。

2年ぶりの展示会参加となったサンデン・リテール株式会社は、CO2、R600aの幅広いケースを展示。今後発売予定のものも含め、自然冷媒製品の拡充が見られた。

パナソニックも、Iarp社のR290プラグインショーケースを展示。それ以外に2月14日に発売を発表した40馬力CO2冷凍機や、欧州で 販売実績がある4馬力冷凍機を参考展示もしている。

本展示会では、R290、CO2のプラグインショーケースの参入事業者が一気に増えたことが伺えた。スーパーマーケット、コンビニエンスストアといった小売店舗を中心に、2022年はプラグインショーケースの導入事例を広く耳にする1年となるかにも注目だ。

フクシマガリレイ、環境ビジョン『Dramatic Future2050』策定

2021年6月28日、フクシマガリレイ株式会社は環境ビジョン『Dramatic Future2050』を策定したと発表。創業100周年となる2051年を見据え、温室効果ガスの排出量実質ゼロを目指す。

『Dramatic Future2050』とは

2015年にパリ協定が採択され、今世紀後半には世界の温室効果ガスの排出量を実質ゼロにする長期目標が掲げられたことで、世界で「脱炭素化」の取り組みが加速。日本でも2050年にカーボンニュートラルを実現するための中期目標として、2030年度の温室効果ガスの排出量を2013年度の水準から46%削減する目標が定められ、新たに策定された「地球温暖化対策計画」のもとで具体的な取り組みが求められている。

 

それに合わせ、ガリレイグループは創業100周年となる2051年を見据えて、環境長期ビジョン「Dramatic Future 2050」を策定。温室効果ガスの排出量実質ゼロに挑戦する。

 

まずは2030年まで、SDGs の「13.気候変動に具体的な対策を」への取り組みを柱とし、環境先進企業として、ステークホルダーからの期待、社会に対して果たす責任を達成するため「環境アクション2030」を策定。更に持続可能な地球環境を次世代に引き渡すことを目的に、2050年までの「カーボンニュートラル・脱炭素社会の実現」に向け、「環境ビジョン2050」を掲げた。

 

加えて、同社は「再エネ100宣言 RE Action」へ加盟。積極的な自社活動における省エネの実施と再生可能エネルギーの活用を宣言し、国際社会へのコミットメントを通じて脱炭素化に向けた取り組みを加速させていく考えだ。

「再エネ100宣言 RE Action」とは

企業、自治体、教育機関、医療機関等の団体が使用電力を100%再生可能エネルギーに転換する意思と行動を示し、再エネ100%利用を促進する新たな枠組み。

環境ビジョン2050 

1.グループ全体で温室効果ガスからの脱却を
再生可能エネルギーの導入や主要拠点・工場のクリーンエネルギー化により、グループ全体の温室効果ガス排出量を実質ゼロにします。

 

2. 冷媒をはじめ、クールな技術で地球温暖化をゼロに
環境負荷の低いグリーン冷媒の使用や、冷媒漏れをなくし、クールな技術で地球温暖化への影響をゼロにします。

 

3.環境と真剣に向き合うお客さまから選ばれる存在に
環境負荷の低い製品・サービスを提供し、地球課題と向き合うことで、ご利用いただくお客さまとともに脱炭素社会を実現します。

環境アクション2030

1. グリーン冷媒への転換
低GWP冷媒、自然冷媒への転換を通じ、温室効果ガス低減に取り組み、地球温暖化防止に貢献します。

 

2.冷媒ガス漏洩防止
ITを駆使したサービタイゼーションによるプレメンテナンスの拡充により、冷媒漏れ10年保証を目指します。

 

3.環境性能の高い製品を開発・提供
製品のライフサイクルにおいてより環境負荷の少ない製品へ移行します。

 

4.CO2排出量削減
最新の省エネ技術の積極導入や再生可能エネルギーの活用などを通じ、バリューチェーン全体でCO2排出量削減に貢献します。

参考

フクシマガリレイが環境ビジョン『Dramatic Future2050』を策定