ColdHubs、ナイジェリアでR290冷蔵倉庫を100棟増設

ColdHubs、ナイジェリアでR290冷蔵倉庫を100棟増設

ナイジェリアでプロパンを使用した太陽光発電による生鮮食品の冷蔵保存スペースを提供しているColdHubs社は、2022年末までにナイジェリア全土で新たに100の施設を拡大する予定だ。

ナイジェリアの食糧問題に貢献

これは、英国研究機関のオックスフォード・マーティン・スクールが「Cooling for COP26」シリーズの一環として開催したウェビナー「Models for Sustainable Cooling(持続可能な冷却のためのモデル)」の中で、6年前に設立された ColdHubs社 の創業者である社会起業家のナエメカ・C・イケグウォヌ氏が報告したものである。

 

同社のR290冷蔵システムは、ナイジェリア国内の54カ所の従量制冷蔵施設(ハブ)において、零細農家、小売業者、卸売業者を対象に提供されている。あらゆる種類の生鮮食品を1日単位でレンタルできるスペースを提供することで、食品廃棄物の削減とナイジェリアの農家の生活環境の改善に貢献している。

 

イケグウォヌ氏 は、Global Cold Chain Allianceのデータを引用して、ナイジェリアの低温貯蔵能力がアフリカで最も低い国の一つであることを報告。現在のナイジェリアの冷蔵施設は、主に魚の輸入とワクチンに特化しているという。その結果、食品の廃棄率は45%にも上る。

 

ナイジェリアの生鮮食料品の冷凍インフラを強化するために、コールドハブを立ち上げました。

ColdHubs社 創業者 ナエメカ・C・イケグウォヌ氏

 

冷蔵システムの提供から4年。ColdHubs社は42,024トンの果物や野菜を腐敗から救い、5,250人の農家、小売業者、卸売業者の収入を毎月約50%増加させ、施設のオペレーターや市場の係員として女性に66の雇用を創出し、1,040,688kg(2,294,324lbs)のCO2e排出量を削減した。

 

2020年8月、同社はスイスのバーゼル持続可能エネルギー庁(BASE)から「Cooling as a Service」賞を受賞。CaaSとは、エンドユーザーが、初期費用が高額になる冷却プロジェクトの費用を負担するのを支援する、使用量に応じて支払う仕組みです。イケグウォヌ氏は、この技術の普及には教育が重要だと強調する。

アフリカでのその他の取り組み

コールドチェーンの改善を目的としたアフリカでのもう一つの動きは、2022年にルワンダのキガリに開設される「Africa Centre of Excellence in Sustainable Cooling and Cold-chain」(ACES)の設立である。ACESは、主に英国とルワンダの公的投資によって運営され、研究と企業支援に重点を置き、持続可能なコールドチェーンの技術と知識のハブとなることを目指す。

 

欧州連合はSustainable Off-grid solutions for Pharmacies and Hospitals In Africa(SophiA)という新しいプロジェクトに資金を提供しており、CO2、R290、エタンなどの冷媒を使用した、アフリカの病院や薬局向けの太陽光発電によるオフグリッドの冷却システムを開発している。

 

関連した取り組みとして、21年前から自然冷媒(イソブタン)を使用した太陽光発電によるワクチンクーラーを遠隔地の無電化地域に提供している「SolarChill」がある。2019年には食品用冷蔵庫の提供にも拡大した。

参考

ColdHubs to Add 100 More Solar-Powered R290-Refrigerated Storage Facilities in Nigeria
※本記事は英語で作成後、日本語に翻訳されております。

 

原著者:トマス・トレビザン

ATMOsphereネットワーク

今回ご紹介した記事・発表について詳細を知りたい方・意見交換したい方は、ぜひATMOsphereネットワークにご参加ください!クリーンクーリングと自然冷媒の分野で志を同じくするステークホルダーと交流しましょう。(ATMOsphereネットワーク