PARTNERS
中国

中国でのR290RACの生産台数が270,000を突破

中国生態環境省/外国経済協力局(MEE / FECO)のプログラムオフィサーである李 小燕(リ・シャオヤン)氏は、中国の8メーカーは今日までに、276,250台のR290(プロパン)RAC(ルームエアコン)を製造したと発表した。これは2019年9月1日に確認できた186,350台だった頃から、約90,000台の増加となる。

 

R290RACの注文は、学校や公共建物といった団体からの大量調達で構成されており、個人購入に関しては報告されていない。2018年10月、中国の大手RACメーカー8社は中国の浙江省寧波市にて、「2019年7月までに、中国国内市場で22万台のスプリットタイプR290RACユニットを生産すること」を約束(画像は2018年10月に各企業が集まった時のもの)

 

上記の目標に同意したメーカーは、Gree、Midea、Haier、Hisense、Changhong、TCL、Aux、Yairの8社である。李氏は「現在はMideaがこの市場拡大をリードしている」と話すが、企業別の生産台数は公表されていない。

 

李氏によると、R290RACの販売は、新型コロナウイルス感染症の拡大により、一時的な中断を余儀なくされている。「今回の感染症拡大により、多くのメーカーが困難に直面しています。そのため、R290を含む新製品の製造販売を、中止せざるを得ませんでした」(李氏)

 

当初MEEおよびFECOが掲げた目標は達成されたわけだが、今後の方針にも注目が集まる。